東京都立武蔵高等学校山岳部同窓会の公式ページです。

1960年5月(昭和35年)南アルプス千枚岳 悪沢滑落の顛末実行動 概略南アルプス悪沢岳・赤石岳山行計画(6泊7日)「好天に恵まれたら残雪の南アルプス南部を駆け抜けようと考えていた」12日晴 八王子 4:50-身延-新倉 12:30-伝付峠下蓬沢合流点で泊り(オカン)13日晴 伝付峠- ...

8回生・馬場 健治こんにゃくは漢字で「蒟蒻」、中国「魔芋」ミャンマー 「Wa-U」 欧米では  「devil’ tongue」  悪魔の舌と呼び食べない、不思議な食べ物です。 食べる習慣の国は、日本、韓国、台湾(おでん)中国(魔芋豆腐)ラオス、カンボジア、等の少数民族、インド ...

 2015年2月18日~19日に有志でスノーシューハイキングを美ヶ原で行いました。王ヶ頭ホテルを拠点に美ヶ原山頂王ヶ頭(2,034m)、王ヶ鼻(2,008m)、霧氷の森、焼山沢の谷、鹿伏山、美しの塔などを2日に分けて歩きました。初日は視界が悪く、展望がききませんでしたが、2日 ...

19回生 西野 章子 秋も深まった11月30日、小平の“マ・メゾン”で「小森先生を囲む会」を行いました。1966-67年卒2代での同期会、19名が参加しました。当時顧問の小森先生、そしてお世話になった諸先輩方と共に懐かしいひと時を過ごしました。卒業してからす ...

10回生・向後 元彦 線を一本くわえる。Aにいく。もう一本くわえる。こんどはZだ。おなじみの“あみだ籤”である。線を加えるごとに、予想もできない方向にいく。考えた。人生も“あみだ籤”なのだ。しかし原理はおなじでも、もっと複雑なのが人生である。「塞翁が馬」とか「 ...

15回生・百瀬 和子 9月13日(金)、七人の侍ならぬ七人の高齢者が羽田から松山空港に向かいました。 空港からレンタカーで麓まで行き、あとは徒歩で石鎚山中の成就社へ。ここで一泊して翌朝、石鎚山頂を目指し登山開始。 八丁坂鞍部までは下りである。鞍部から木段の長い ...

10回生・小出 雄一 夢とは見るものでも追いかけるだけのものではない、かなえてこそ意味がある、小生のモットーとしている考えだ。 花に舞来るチョウを追い続けて、あっという間に60年以上が過ぎてしまった。小生がチョウに興味を持ったのは小学校の5年生の時だ。山歩き ...

顧問・井出 誠 今年度は高一が10名入部し、近年になく大人数になりました。といってもやはり登山の初心者が多く、また兼部している部員も多いので、山行でもなかなか全員参加できることはありません。しかし6月の夏山トレーニング山行では、鍋が足りず急遽増やしたり、テン ...

甲武信岳集中登山 1964年10月24日~26日8回生・馬場 健治 毎日深夜になると、ロシアのSOCHI(ソチ)で冬期オリンピックの実況映像が始まり寝不足になる、そして2020年の東京オリンピックへと思いは続く。 今から50年前の1964年10月24日午後5時半、私は青梅線終点の氷川駅(現 ...

顧問・井出 誠 現在の山岳部員は初級者が多く、合宿や秋季山行もテントを設営した後はサブザックで行動する形態で行っています。個人装備も初めはほぼ何も持っていないので、とりあえず登山靴・雨具・ヘッドランプを購入させて、夏トレのときにシュラフとマット、という順に ...

↑このページのトップヘ